第18回日本産業ストレス学会
s
kobe
top
あいさつ
アクセス
プログラム
演題募集
参加登録
研修会
国際会議場
神戸観光
日本産業ストレス学会
gray
s
演題募集
1.発表形式:口演のみ(発表:10分 質疑応答:5分)

2. 産業ストレス研究の推進に資する基礎的・実践的研究および活動の成果をお待ちしています。
  本大会では特に、
 「産業現場で具備すべきメンタルヘルス知識と技術」
 「産業ストレスの評価と対策―優先すべき仕組みづくりに関する好事例」
 「メンタルヘルス対策の効果評価」
 「企業健診におけるメンタルヘルス不調チェック(スクリーニング)の実践例」
  のご報告を歓迎します。

3.一般演題発表者は、原則として共同発表者も含めて日本産業ストレス学会の会員に限ります。
 学会員でない方は日本産業ストレス学会事務局にて入会手続きを済ませてください。
 入会申し込み様式は日本産業ストレス学会のホームページからダウンロードできます。

4. 1人に1演題とします。ただし、共同演者としての連名はこの限りではありません。

5.お送りいただいた抄録は実行委員会で検討のうえ、11月中旬までに採択の可否および発表日を
 お知らせいたします。



演題応募方法
演題募集期間:2010年7月22日(木)~10月31日(日)
1.所定の書式(MSエクセルファイル)を右からダウンロードし、
  抄録を作成してください
 (書式内にある「発表者の連絡先」も必ずご記入ください)
書式
書式をここからダウンロード
 
2.抄録を作成しましたら、抄録のファイルを右の演題登録係まで
  電子メールに添付してお送りください。
 一週間以内に抄録受領の確認メールをお送り致します。
3.抄録を送信後、1週間以上経っても確認メールが届かない場合は、
 大変お手数ですが事務局演題登録係までお知らせください。
 その他、抄録に関するお問い合わせは以下までご連絡ください

宛先:第18回日本産業ストレス学会 演題受け付け係
関西福祉科学大学EAP研究所内 〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路2丁目15番5号 あけぼのビル4F
TEL/ FAX:06-6322-0167教室受付) E-mail:eap-ins@forest.ocn.ne.jp